横浜市鶴見区上の宮にあるギターとウクレレの教室です。

クラシックギター選び

最初はこのあたりをオススメします。

クラシックギターの選び方

クラシックギターもたくさんの種類がありまして、どれを選んで良いのか迷います。最初は音質の違いも良く分からないので、予算で選ぶと良いです。

 

実売価格
3万円
5万円
7万円
12万円

 

このあたりがエントリーモデルと言いまして、最初に手に入れるギターの価格帯です。人によっては、いきなり20万円以上の楽器を手に入れる方もいます。それは間違いではなく、その方の価値観なので予算が合えばそれで大丈夫です。

 

2〜3万円台

YAMAHA

とにかく、やってみよう!続きそうなら上のギターを買おう!という方はこちら

 

 

 

ARIA

創業者がクラシックギター好きで、クラシックギターに力入れています。 ARIA監修でスペインでも制作していますよ。
このクラスなら、ヤマハよりも良い材を使っています。

 

 

4万円台

YAMAHA

1クラス上のグレードのような音がします。 定番です。

 

 

    Cordoba

スペインで作られています。 明るく乾いた音には驚きました。

 

 

5万円台

ARIA

若干小さ目の作りは女性や手の小さい人向けです。

 

 

通常のサイズ

 

 

6万円台

    Kodaira

日本の老舗です。綺麗な作りはうっとりします。しっかり作られています。
知名度は少ないかもしれませんが、クラシックギター会では有名。kodairaギターを悪く言う人はいません。

 

 

 

お子さん向けギター

お子さん向けのギターも存在しています。 

 

年長〜小学2年生

 

 

小学3〜4年生

 

 

小学5〜6年生

 

 

 

上記のお子さん用ギターは教室にありますので、実際に手に取って確認して頂ければ確実です。

 

 

他に合わせて買いたいもの

音を合わせるチューナーが必要です。
6本の弦は、それぞれの音程に合わせないといけません。今は演奏家の方々も使用していて、ヘッドに挟んで、音を出していくと光が反応するタイプが主流です。

 

私も愛用するこちらのチューナーは、文字が大きく良く反応し、合わせやすくて使いやすいです。

 

 

 

 

 

 

これらのお問い合わせはこちらです。

 


トップへ戻る